敏感肌研究室

秋の敏感肌ケア

秋に、敏感肌は加速する?

夏に受けた肌ダメージ、
そのままにしていませんか?

夏は、肌がダメージを受けやすい季節。「いつも日傘をさしていたから大丈夫」「なるべく日陰にいたから平気」、そんなふうに気をつけていた人でも、うっかり日焼けをしていた可能性があります。

夏の肌ダメージでやっかいなところは、そのダメージを秋冬まで引きずってしまうことです。例えば紫外線は、肌内部で炎症を起こして、バリア機能を低下させてしまいます。
また、汗を放置しておくと、かゆみが出たり、かぶれるなど肌トラブルのもとになることもあります。さらに、急に湿度の高い室外からエアコンで乾燥した室内に入ると、肌のバリア機能が大きく低下する可能性も。
これらの刺激は、肌に炎症を起こしたり、肌老化の原因でもある「活性酸素」を発生させ、敏感肌を悪化させます。

このように、夏の間、紫外線や乾燥にさらされ、ダメージを受けた肌をそのままにしておかずに、しっかりケアすることが大切です。では、どのようなケアをしたらよいのでしょうか?

夏に受けたダメージ肌、そのままにしていませんか?

たっぷりの保湿と
徹底した炎症ケアで、
アフターケアを念入りに。

夏にたくさんのダメージを受けた肌は、バリア機能が乱れ、うるおいが奪われやすく、また外からの刺激を受けやすい状態(敏感肌の状態)です。

そのため、炎症ケアができて浸透性の高い刺激の少ないスキンケアを、朝と夜の2回、普段よりも念入りにケアし、肌をいたわりましょう。

さらにダメージが気になった時は、すぐケアできるように、メイクの上からでも保湿ができるローションなどを携帯するのもよいでしょう。乾燥がすすむ秋に、敏感肌が加速しないよう、夏のダメージは受けたらすぐにケアしましょう。

たっぷりのローションで、アフターケアを念入りに。

敏感肌研究室のトップへ 

関連コンテンツ

TOP